2014年12月17日

第51日目 「信じられますか?感性喪失の可能性。」


まず、土台となる話をしてから始めましょう。



ボクはオタクです。

もともと運動やスポーツとは無縁の人間です。

しかし現在、精神疾患(適応障害)を患っているため、

その回復方法のひとつとして、

ジョギングを日課としています。 



という土台の話を踏まえてからですね…

20141217ガンダムドダイYS01

 ※これは "ドダイ" WS ですね。



ま、その日課の延長として、

先日、45km走破に挑んでみたのです。

第46日目 午前午後のブログに詳細がございます。



先にも話しましたけどね、土台土台ですからね、

20141217ガンダムドダイYS02

ジョギング経験たった3ヵ月で45km走破なんて

ドダイ無理な話だったわけだったみたいなんですョ。

20141217ガンダムドダイYS03




あ、いや、一応走破はしたんですけども…

それにしたって到着まで9時間半って、

さすがにかかり過ぎでしょうとw



そもそも本格的なランナーは、

素人でさえ42.195kmを2時間くらいで、

休むこともなく、完走するらしいじゃないですか。

なんすか、その未知なる数字は…

20141217未知なる数字

※9時間なんて、ありえないですわぁ~☆

そんなん、都市伝説であってくれって話ですよ。

素人は9時間っ!

ぜひ、これでお願いをしたい。





ただですね、

このたび、意思として貫いてみたのは

「絶対に歩かない」と。

休むことは何回あっても「必ず走り切る」と。



で結局は、

ボロボロになりながらも完走したんですけどね…。




さ。ここからが本題になりますよ。





20141217キャプテン翼

(実は自分でも驚いたんですけどね…

 走破してもですね…)










感動も喜びも無かったんですよっ!!!!






すごくないっすか!?

もひとつ簡潔に言うと
「達成感がゼロ!」

だったわけですよ!




で、昨日(第50日目のブログ)でも触れましたが、

心理士の先生によるカウンセリング(認知行動療法)が

開始されましたので、

早速その話に触れてみたんです。




0000DrFえーっ!? そのキョリ走ったんですか?

それってスゴイことじゃないですかー

普通に聞いても驚きますよ?



0000陸ジムRGM79Gいや、ところが自分でも驚いたんです

けどね…ゴール地点まで走り切った時、

何も感じなかったんですよ…

なんと言うか…

起きたら顔をあらう、くらいに

なんだか「当たり前」の感じでして…

特別な感じ方は一切なかったんですよね…。


0000DrFへぇ… すごいけどなぁ…。

あ、じゃぁ、やっぱり
ここです、ここ。

コレに該当しちゃってるわけですね…




※ここで共に、治療法マニュアルを見る。



0000陸ジムRGM79Gあ、はぁ… なるほど… ですね。






0000DrFですね…症状の中に書いてありますね、


「達成感を感じない」って。

これも、うつ傾向のひとつなんですよぉ。



0000陸ジムRGM79Gうんうん…(妙に納得)。






ということでですね。

今んとこ、ボクには達成感なる感情

喪失してるみたいなんですよ。


いや、「喪失」は言いすぎなのかなぁ…? 

少なくとも、

「著しく低くなっている」
ということですね。






んー 

まー確かに、生活全般の中での喜びや達成感って…

振り返って考えてみても「少ない」のかなー…









なんか…

20141217ラストカット

へーんな感覚☆







- - - - - - - - - - - - - - - - - -

難問解決のリミットまで…

残り9日っ! ※たぶん


第50日目「さすが×××だ、なんともないぜ!」


さすがZOCK(ゾック)だ、なんともないぜっ!

20141216ガンダムゾック



さすが
GOGG(ゴッグ)だ、なんともないぜっ!

20141216ゴッグ



さすが
MUKKU(ムック)だ、なんともないぜ…?

20141216ムック



さすが
MAC(マック)だ、なんともないぜっ!

20141216Mac




さすが
MAT(マット)だ、なんともないぜっ!

20141216MAT



さすが
SAT(サット)だ、なんともないぜっ!

20141216SAT



さすが
CAT(キャット)だ、なんともないぜっ!

20141216猫



さすが
CBT (認知行動療法)だ、なんともないぜ…









ということで、

適応障害患者であるワタクシ、

いよいよ本格的な治療が始まりました!



CTB=認知行動療法!



まだよくわかっておりませんが!

心理学を学ばれている方!

ただただ普通にその世界に興味をお持ちの方!

ここに患者、ないし被験者がおります!

どしどし、ご質問をお寄せください!w

20141216どしどし



とりあえず…

「3つのコラム」 
 「週間活動記録」 

着手いたします!



この話を理解してくださる方が、


果たしていかほどいらっしゃるのでしょうかっ!???

自分でもわかっていないのにっ!w



でも… 無駄にがんばるぞっ!!

20141216プリキュア

オーッ!!!









- - - - - - - - - - - - - - - - - -

難問解決のリミットまで…

残り10日っ! ※たぶん


2014年12月15日

第49日目「ともするとボクの考え方は異常なのでしょうか。」


果たして、ボクの考え方は異常なのでしょうか。

20141215妖怪ウォッチコマさん異常でしょうか

いや、異常なのかもしれません…。


ただ、同じ考え方を持つ人は、

少なからずいるのだと思います。









20141215罪を憎んで人を憎まず

罪を憎んで人を憎まず。



この言葉、確か儒教か何かが出自であり、

日本オリジナルの考え方では無かった

と記憶しています。


そのことが非常に残念に思えるくらい、

ボクには、この考え方が肌に合います。



例えば猟奇的な惨殺事件をはじめとし、


理不尽に命を奪われる被害者の方々がいます。

20141215ザク2

その事実がメディアで報道されたとき、

有識者、というのでしょうか、

その他、レポーターやコメンテーターの人たちは、

よく、加害者を非難するコメントを発します。



「憤りを感じます。」

「怒りを覚えずにはいられません。」


20141215フルメタルパニック






もちろん、被害者や遺族の方々の心中を察すれば

当然のコメントです。

決してそういった考えを否定はしませんが、

ボクは
加害者とその関係者の方たちに対しても、



可哀想に…



と思うのです。

決して表面的ではなく、

心の底から、

そう思うのです。






先日、帰省したときのこと。

偶然、家族と佐世保事件(同級生殺害事件)

の話になりました。




「やっぱり父親が悪いよ。」

「もちろん全面的に責めるわけじゃあないけどさ、

 無責任だよ、親として。」



そんな意見が出ました。

けれど… おそらく幻想にも近いのでしょうが…

ボクはなんだか、あの父親の苦しみ

わかるような気がして…

20141215逮捕しちゃうぞ



もちろん、確かなものではありませんが、


相当、精神的に苦しい日々を送ったのだろうと…

いま、ここに文章化しているだけで、

胸が締め付けられる感覚に襲われるくらい、

心から、そう感じるのです。






もちろん、被害者やご遺族のことを思えば、

積極的に述べるべき意見でないこと、理解しています。



ただ、どのような事件であっても往々にして、


そうせざるを得ない、

正常な判断ができない、

そんな環境や状況を、

加害者たちは背負っていたはずなんです。


その苦しみたるや…


考えるのも恐ろしく、つらくなる…かな…。

20141215けいおん









生まれてすぐに人殺しをする人間はいません。

罪を犯すのは、それなりの理由があります。



罪を犯す人は、
悪魔なわけではありません。

基本的には、反省し、更正できうる、

人間という生物です。



そもそもボクだって、


不幸にも負の偶然が連鎖しまったら、

人の命をあやめる可能性を…

20141215俺の妹がこんなに可愛いわけがない

完全に否定できる自信はありません。

誰しも、そういうものではないかな、と思います。







もしも、加害者を徹底的に憎み、

復讐をしたい、

この世からいなくなればいい…

20141215エヴァンゲリオン碇シンジ

そう堂々と主張することを許される人がいるならば、

それは被害者の方々であり、

その関係者の方々であり、

また別の不幸な事件を通して、

同じ境遇を理解してあげられる人たちだけでしょう。








人生、いつ、何が起こるかわかりません。

20141215サザエさんワカメ

不幸と感じる出来事に陥ってしまったとき、

いくら加害者であろうと、

周囲から責められてばかりでは、

立ち直ることができません。






人を、人格を、責める必要はないと思います。

責めるべきは、罪という「事実」の方である

と思っています。












なんでこんな話を急にしたのでしょう?

20141215物語シリーズ

ともすると、自分自身が適応障害を患ってから、

一層、その考え方が強まったからなのかもしれません。



いや、うまく言えてないな…

なんて言うんだろ…




「理解してもらえない悲しさ」を知ったから…



なの…かな…











20141215ガンダムアムロレイ こんなにうれしいことはない

いつだって、「人」は悪くないんです。 









- - - - - - - - - - - - - - - - - -

難問解決のリミットまで…

残り11日っ! ※たぶん