第14日目 「わずかでも”精子”に神秘を感じる方へ」第16日目 「私たちが知らない? オリンピック」

2014年11月11日

第15日目 「自己診断!あなたは次のどのタイプ?」


「やっぱり、そーだと思ったんだよ!」

と、個人的に非常に納得しちゃった話題です。



最近、 訳あって、時間に余裕があるのです。

その時間をどう生かそうかな?

と考えた上、今のところは、

疑問に感じたことを調べる。

に、その質的大部分を費やしています。
20141111エヴァンゲリオンマヤ

そうすると、意外に知らないことがて多くて

驚かされますね。 たとえば…



〇おしゃか様は死後の世界を説いていなかった。

     つまり、天国とか極楽について。

〇とにかくメスを生み続ける昆虫がいる。

      しかも卵ではなく、成体で生む。

〇ネアンデルタール人は人間の祖先ではない。

      クロマニヨン人は祖先でOK。

などなど ※信憑性は追及しないでください…



もちろん、「そんなん常識でしょ?」

と、無知扱いされることがあるのも承知の上ですが、

内容の程度は関係なく、

「新しいことを知る」ってのは

やっぱり心が刺激されて、純粋に楽しいです。



で、本題に入ります。

疑問についての自分の調べ方

つまり、媒体は大きく3つ。

①人人から直接教えてもらう。

②本書籍を読む。

③ネット文字情報や動画を閲覧する。

です。



以上を複合して学習?していった結果、

こんな実感を得たんです。


「なぜだろう?  本って読んでも、

 内容があんまり頭に入らないなぁ」

と。


つまり、ネットの文字情報も です。



ま、読書嫌いだから、しょーがないか☆

(・∀・)つ

と割り切っていたんですが…



ところがですねぇ…

ある方法だと情報が頭に入りやすいことに

気が付いたんですよ。



それは、

日課のジョギング中に動画を聴く方法

です。



要は、スマホで好きな動画を再生して、

走りながらイヤホンで聴く、と。

※日本の起源って何かなぁ?と思ったら、

古事記の解説動画を選択するわけです。



と同時に、以前 耳にした、

とある社長さんの話を思い出しました。



「研修会とかに参加して講師の話を聞くでしょ?

 その時は心からなるほど!と理解して感動する。

 でも、帰社してからスタッフに説明しようとしたら

 あれ? 嘘だろ????

 ってくらい、何も話せない…。

 でもね、

 文章化したら、できる=説明が書けるんだよ。」




そんな話でした。



つまり、自分と社長さんの事例から

類推するとですよ?

聞いて吸収・表現するのが得意…

書いて吸収・表現するのが得意…

など、人によって

タイプが違う 
のではないか?

と。




で、調べてみたら出てきた出てきた☆

これとか、

これとかです。

これもかな。

※結構くわしく書いてあるので面白いですよ☆



簡単に言いますと、

学習法は人によって


1)聞いて覚えるタイプ

20141111エヴァンゲリオンシンジイヤホン



2)見て覚えるタイプ

20141111プリキュアラブリービーム



3)動いて覚えるタイプ

20141111あずまんがボンクラーズ



この3タイプに分かれるんですって。

※各画像は、決して適切なチョイスではありません。



ですから、これに当てはめますと、

自分の場合は…

1)聞いて覚えるタイプが主だったのでしょう。

そこに、2)の見る要素が付随する感じかなぁ…。



ま、学習法はもちろんのことですけど、

人間ってみんな違う特性(個性)を

持っているんだから、


それぞれのやり方(生き方)を見つければ

それでいいんでしょうね☆


と、自戒の意をこめてみる。 (; ̄Д ̄)








- - - - - - - - - - - - - - - - - -

難問解決のリミットまで…

残り45日っ! ※たぶん


コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
第14日目 「わずかでも”精子”に神秘を感じる方へ」第16日目 「私たちが知らない? オリンピック」