コップの水

2014年12月25日

第59日目 「非常に面白味のない、適応障害者の告白」


ここに来て いまさら なお話を…

20141225氷菓

という本日の内容です。



このブログは、タイトル等にも記されている通り、

60日間限定試験的ブログとして

開始しました。 


そしていよいよ明日、

期限である60日目、最終日を迎えます。 



そもそも、このブログの意義は、

タイトルにある「難問解決!?」という言葉に

わかりにくく(笑)含みを持たせているように、

適応障害である自分自身の回復を目指す

ことにありました。




さらに言えば、

現在、自分は休職中の身でありますので、

叶うならば復職を、というのも

正直なところ「ねらいのひとつ」でした。



残念ながら、 

復職への道は限りなく厳し

と言わざるを得ない現状ですが、

ある種の効果はあったのかな、と感じています。



というのは、

「復職」というねらいは、

回復に向けての
「願わくば」という

副次的要素に過ぎず、


本来的な意図「マイナス思考の希釈」

にあったからです。




適応障害であり、かつ、うつ傾向も持つ自分。

その症状における大きな特徴は、


マイナス思考のスパイラルに陥ってしまう

という点にあります。



よく例えられることですが、

「コップの水」で考えるとわかりやすいですよね。



コップに水が半分入っている状態。

これを…

「まだ半分も残ってる!」
と考えるのがプラス思考、

「もう半分しかない…」と考えるのがマイナス思考、

でしょうかね。




そして、マイナス思考の人はおそらく

次の2タイプに分かれます。


「だから、もう飲まないでおこう。」

そして、

「だから、ちょっとずつ飲まなきゃ。」

ですね。



しかし、「マイナス思考」で留まることなく、

「スパイラル」までこじらせてしまう人間は…



「なんで半分になるまで気づかなかったんだ…」

「普通の人なら、気づくはずだよ…」

「その程度の能力もない人間なのか…」


と、さらなるマイナスを生み出して行くんです。



その歯止めは、なかなかできるものでありません。

20141225アイマス



が!



おそらく、
ウソでもいいから

「プラス思考的言葉」を
自ら発することで

ある程度、マイナス思考の歯止めを

効かせられる
はずなんです。



でも、実際はそれができません。

この口から直接的に発することができないのです。



そこで、ふと気が付いたのが

「口にはできない、だけど

 言葉
にはできる方法がある。」

ということ。



それが、ブログでした。



ブログという舞台を用意し、

そこにバーチャルな自分である、

RGM-79[G]というキャラクターを設定する。



その舞台上で言葉にする限りは、

必ず間接的表現になるので、

発しやすくなるんです。


20141225



ですから、
リアルの自分

コップの水が半分になる事態を引き起こした己を

確実に責めるタイプなわけですが、

ブログ上のキャラであるRGM-79[G]ならば




「お水、半分にしちゃったよぉ~w」

20141225けいおん唯あずにゃん

 笑っちゃうね☆ また汲めばいっかw




というネタに転化することが可能になるんですね。



そのような意味で、ある種の「歯止め」効果

得られたのかな?


と感じている第59日目、つまり本日です。









さ、明日でこの試験的ブログは期限切れです。



奇しくも、今日は年内最後の通院日であり、

これから診察を受けに行くのですが…

同時に、

1月まで
休職延長するか否かの判断日

でもあります。




もし、休職延長が確定すれば、

再び日常的時間の余裕が継続されますので、

時間つぶしも含めて、


「仕切りなおし」のブログを開始? 再開?

しようかと考えています。







まさに「誰得?」w







さーて、今日の診察はどーなるかなー??

20141225エヴァンゲリオンアスカ









- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 

難問解決 ブログ閉設のリミットまで…

残り1日っ!

diskverbrog at 09:56|PermalinkComments(3)