コマさん

2014年12月15日

第49日目「ともするとボクの考え方は異常なのでしょうか。」


果たして、ボクの考え方は異常なのでしょうか。

20141215妖怪ウォッチコマさん異常でしょうか

いや、異常なのかもしれません…。


ただ、同じ考え方を持つ人は、

少なからずいるのだと思います。









20141215罪を憎んで人を憎まず

罪を憎んで人を憎まず。



この言葉、確か儒教か何かが出自であり、

日本オリジナルの考え方では無かった

と記憶しています。


そのことが非常に残念に思えるくらい、

ボクには、この考え方が肌に合います。



例えば猟奇的な惨殺事件をはじめとし、


理不尽に命を奪われる被害者の方々がいます。

20141215ザク2

その事実がメディアで報道されたとき、

有識者、というのでしょうか、

その他、レポーターやコメンテーターの人たちは、

よく、加害者を非難するコメントを発します。



「憤りを感じます。」

「怒りを覚えずにはいられません。」


20141215フルメタルパニック






もちろん、被害者や遺族の方々の心中を察すれば

当然のコメントです。

決してそういった考えを否定はしませんが、

ボクは
加害者とその関係者の方たちに対しても、



可哀想に…



と思うのです。

決して表面的ではなく、

心の底から、

そう思うのです。






先日、帰省したときのこと。

偶然、家族と佐世保事件(同級生殺害事件)

の話になりました。




「やっぱり父親が悪いよ。」

「もちろん全面的に責めるわけじゃあないけどさ、

 無責任だよ、親として。」



そんな意見が出ました。

けれど… おそらく幻想にも近いのでしょうが…

ボクはなんだか、あの父親の苦しみ

わかるような気がして…

20141215逮捕しちゃうぞ



もちろん、確かなものではありませんが、


相当、精神的に苦しい日々を送ったのだろうと…

いま、ここに文章化しているだけで、

胸が締め付けられる感覚に襲われるくらい、

心から、そう感じるのです。






もちろん、被害者やご遺族のことを思えば、

積極的に述べるべき意見でないこと、理解しています。



ただ、どのような事件であっても往々にして、


そうせざるを得ない、

正常な判断ができない、

そんな環境や状況を、

加害者たちは背負っていたはずなんです。


その苦しみたるや…


考えるのも恐ろしく、つらくなる…かな…。

20141215けいおん









生まれてすぐに人殺しをする人間はいません。

罪を犯すのは、それなりの理由があります。



罪を犯す人は、
悪魔なわけではありません。

基本的には、反省し、更正できうる、

人間という生物です。



そもそもボクだって、


不幸にも負の偶然が連鎖しまったら、

人の命をあやめる可能性を…

20141215俺の妹がこんなに可愛いわけがない

完全に否定できる自信はありません。

誰しも、そういうものではないかな、と思います。







もしも、加害者を徹底的に憎み、

復讐をしたい、

この世からいなくなればいい…

20141215エヴァンゲリオン碇シンジ

そう堂々と主張することを許される人がいるならば、

それは被害者の方々であり、

その関係者の方々であり、

また別の不幸な事件を通して、

同じ境遇を理解してあげられる人たちだけでしょう。








人生、いつ、何が起こるかわかりません。

20141215サザエさんワカメ

不幸と感じる出来事に陥ってしまったとき、

いくら加害者であろうと、

周囲から責められてばかりでは、

立ち直ることができません。






人を、人格を、責める必要はないと思います。

責めるべきは、罪という「事実」の方である

と思っています。












なんでこんな話を急にしたのでしょう?

20141215物語シリーズ

ともすると、自分自身が適応障害を患ってから、

一層、その考え方が強まったからなのかもしれません。



いや、うまく言えてないな…

なんて言うんだろ…




「理解してもらえない悲しさ」を知ったから…



なの…かな…











20141215ガンダムアムロレイ こんなにうれしいことはない

いつだって、「人」は悪くないんです。 









- - - - - - - - - - - - - - - - - -

難問解決のリミットまで…

残り11日っ! ※たぶん 


diskverbrog at 20:59|PermalinkComments(0)

2014年12月11日

第45日目 「小金を稼ぐ方法…、結っ果発表ぉ~ぅ!!」


ごめんなさいっ!!

20141211俺の妹がこんなに可愛いわけがない桐乃01



いつものことではありますが…



本日も、いわゆる続編みたいなものですので

第41日目のブログをお読みいただければ

今日の内容が、よりわりやすくなるかもしれません。



めんどうでごめんなさい…

20141211エヴァンゲリオン綾波レイ

こういうとき、どんな顔をすればいいか

わからないの…



でも、読んでいただかずともご理解いただけるよう

がんばって記してみたいと思いまっす!!

20141211がんばります









さて、「楽に小金を稼ごう!!」という、

ゆるく、

あまく、

怠惰な姿勢のもとに始まったこの企画☆

そ、そうでしたっけ? (; ・`ω・´)



ひたいに汗して労働をするでもなくっ

20141211カイジ



あるかどうかもわからぬ才能に目覚め、

突如、路上に出るわけでもなくっ


20141211プリキュア



オタクである自分が最終的に選んだ方法は…






アニメグッズの売却!! でした☆

20141211ローソン

 ごめんねー、おじょうちゃん…。

 
ここはロー〇ンって言うお店で、買取はしてないのよぉ…。







そこでっ!

20年以上にわたって収集してきたグッズの数々を

改めて選別してみるとですねぇ、



1)勢いだけで買ったモノ

2)所持しつづけていたことさえ忘れていたモノ

3)電子書籍化により、空間を占拠しているだけの

  リアル書籍、コミックたち



そして、それら分類作業が勢いづいたために

目をつけられた、

20年間放置状態の
一般CD・DVDなどなども含めて

選別対象になりまして…


20141211俺の妹がこんなに可愛いわけがない桐乃

 これは残しとこーかなぁーん…エヘヘ...




で、整理してみましたら、けっこーな量になりましてね。

最終的に買取に出した総点数は…



300点くらいかな???



で、前回の中間報告時点では、

2万5千円ほどの査定額が

確定していたわけですが…
















さーあ、本日は最終発表でございますっ!!

この度の品々、最終買取金額(総額)はっ!!

20141211Gガンダムファイト









イチ! ジュウ! ヒャク! セン! ...

 ※鑑定団のやつ、イメージしてくださいねw















「出ましたっ!」

20141211エヴァンゲリオン伊吹マヤ

¥29,336円です!!!























20141211エヴァンゲリオン碇ゲンドウ冬月コウゾウ

「足りんな…」  「そうだな…」






ダメです? やっぱダメです?







ですよねー… 

盛り上げるだけ盛り上げといてから発表するほどの

金額じゃないですよね…












よし、!決めた!



まだ、いらんもの残ってるし、


オラ、もーちょっとだけ「買取」ってやつに

お願いしてみるズラよっ!

20141211妖怪ウォッチコマさん

 カネさえあれば、都会なんかに負けないズラ!






ま、実際のとこ、

ゲームなんてしない人間なのに、


ゲームギアとかゲームボーイアドバンスSPとか

変な品が眠ってるからなぁ…

あいつらを軸に次なる作戦実行だ!



20141211ガンダム08小隊シローアマダ

俺はおカネと添い遂げるっ!!!!!!!!!!!

(イヤなセリフだな…w)










あ、前回も言いましたが、


ボクが買取をお願いしている先は

ほぼ駿河屋さまです。

(このブログ画面の右側にバナーを置いてます。)




買取希望でなくとも、

ネットで買取額査定が一瞬でできるので楽しいです☆

ためしにサイト訪問して「あんしん買取」

進んでみてください。




商品のバーコード番号や型番を入力するだけで、

買取額が表示されますので、

ひとり鑑定団ごっこができますよ♪



いや、よそ様のサイトで「遊べ」ってのも、非常識か…



すいませんっ!!!!!!

20141211けいおん

 あやまっとけ!  いーからあやまっとけっ!!!









- - - - - - - - - - - - - - - - - -

難問解決のリミットまで…

残り15日っ! ※たぶん


diskverbrog at 19:20|PermalinkComments(0)

2014年11月26日

第30日目 「驚愕!?ボクのおとうさんは、ホリエモン?」


みなさんご存知であろう

ホリエモンこと、堀江貴文さん

世間が抱いている

氏に対するイメージは様々にあるでしょう。



多くの方は…という表現を使うのは

適切ではないと思いますが、

しばらくの間、塀の中で過ごされていた

という事実が、

ある特定の印象を多くの人々に

抱かせたことも、


また事実であると思います。

※Livedoor blogで語ることか?w 



20141126なにエモン?

 ※え? なにエモン??






ボクは最近、インターネットで動画検索をしては、

有識者の方々による専門的な話や解釈を視聴し、

日々、楽しんでいます。



今は、たまたま政治、経済、歴史などの知識に

触れることが多いのですが、


これまでの生活は、本を読んだりニュースを見たり、

そんな余裕を
持てないまま、ずっと過ごしてきたので、

恥ずかしながら
中高生でも知っているような

一般的知識を、
今さら嬉々として、

新鮮味を持って吸収しています。




と言っても、根はオタクですので、

岡田斗司夫さん
の動画(番組)を

視聴することも多いのですが、

そんな中でコレに出合いました。

 

岡田さんとホリエモンさんのトークです。



個人的には、かなり興味深い内容が

長時間にわたってなされていて、

まったく飽きずに視聴できます。

※特に話題に取り上げたいのは9分30秒以降の内容です。



まぁ、視聴してみるかどうかは

皆さんのご意思のままに、ですが、

今日、ここで触れておきたいのは

「葛藤」についてです。

20141126まどかマギカ巴マミ

 ※超葛藤事例☆



いままでも何度か記していますが、

ボクは適応障害という心の病気 武器を

患って
 装備しています。

※結構な破壊力ですョ(笑)



ですので、悩むこと、葛藤することはお手のもの。

S2機関を自ら取り込んで、

永遠の活動時間を得た初号機のごとく、

20141126エヴァンゲリオン覚醒S2機関

こちらは無尽蔵に(底をつきることなく)

葛藤時間を生み出し続けることが可能ですw



とは言えですよ?

何も、精神疾患を装備していなくても

普通の人だって悩みや葛藤くらい、

時には抱くわけじゃないですか。



ところがですよ?

ところがですよ?


ホリエモンって人、「葛藤しない」んですって!

20141126妖怪ウォッチコマさんもんげー

 「もんげー!!! ほんとズラかーっ!?」

っすよ。 

都会の人間は、カットウてやつがないズラかー


ってカンジですよ…。






います? 普通。


まったく悩まない人。

一切、葛藤しない人。

葛藤する感覚が理解できない人。












いるんですよー









それが、どうやらホリエモン。

堀江貴文さんです。



「まさかー」と思われる方は、ぜひ先ほどの動画を☆




つーか、やっぱり信じらんないことですよね?

葛藤しないんですよ? パーフェクト過ぎでしょ。

20141126キン肉マンネプチューンマン

「葛藤なんて、知らんのだっ」 パーフェクト超人さんより




いやー、それにしても、ほんとに羨ましい☆



宇宙世紀に生きる兵士たちが、

覚醒 した人類であるニュータイプ

という存在を羨望するならば…

20141126Ζガンダムジェリドメサ

我々 精神疾患部隊(オールドタイプ)は、

「葛藤を持たぬ」ニュータイプへの覚醒を、

心から強く願うところであります!!!







でも、そんなホリエモンみたいな人間、

世の中でも稀(まれ)な存在なんだろーなー…


と思いながら実家に帰った、つい先日。

ネタがてら、家族にその話したんですけど…












いた…












「葛藤?  ないよ。」

だって。

父親が。






ままままままままさかっ

ここここここここんな身近に実在したっ!?

(((( ;゚д゚)))







よもや、実の父親がホリエモンと同じ

ニュータイプだったとはなぁ…



だ、だったら、

なぜに遺伝させてくれなかったのだ!


適応障害の息子は、

来週から、カウンセリング開始だぞ!(笑)






20141126解説後日談

お世話になっている心理士の先生に、

同じ話をしてみました。



「葛藤が…無い…????」

「そんな人… いる、の…かぁ…。」


と、首をかしげていらっしゃいました。




専門家をもうならせるニュータイプ。

なんなら、先生の研究の被験者にでも

なってあげればいいんだ。


うちの親。










- - - - - - - - - - - - - - - - - -

難問解決のリミットまで…

残り30日っ! ※たぶん



diskverbrog at 22:16|PermalinkComments(2)